ガレージ・ゼミ 2017年前半予定

ガレージ・ゼミは,2017年3月まで日本女子大学で行われていた坪能ゼミの続きです。
ほぼ毎月1度,坪能自宅のガレージを改造したガレージ・スタジオで行う予定です。
それぞれの催しについては,時期が近付いたらより詳しい説明を付記していきます。
参加ご希望の方は下記のアドレスまでご連絡ください。
tsubonou@fc.jwu.ac.jp(坪能由紀子)

6月3日(土)14時30分〜
風間美絵子先生と幼稚園での音楽活動を探る(HP下記にアップ済)
場所:ガレージ・スタジオ(渋谷区本町1-26-2)

 

6月9日(金)18時〜20時
Patricia Sehen Campbell(ワシントン大学)講演会
タイトル:What’s in a Song? Music and its Cultural Meaning(s)
場所:東京音楽大学(要申込-坪能まで,主催が東京音大なので)

 

6月24日(土)16時〜 石上先生と新学習指導要領を読む
場所:ガレージ・スタジオ(渋谷区本町1-26-2)

 

8月9〜10日 Institute of Creativity in Music Education研究会
場所:東京成徳大学(北区十条)
9日午後    :メンバーの発表
10日(全日):Fraser Trainer(作曲家,イギリス)の音楽づくりWS


Creativity Conference 3

 

Musical Creativity through Breaking Rules and Traditions

ルールと伝統を破ることによって生まれる音楽の創造性

主催:日本女子大学, Institute of Creativity in Music Education

 

3月19日(日) 14時〜  March 19, 14:00-

日本女子大学桜楓2号間3階会議室

Japan Women’s University, Oufu 2nd, Conference Room

 

《シンポジスト》

近藤 真子(オークランド大学) Shinko Kondo, Oakland University

Rule breaking and playfulness to channel creativity and expressive power

創造力と表現力のための”ルール破り”と”遊び心”

 

松信 浩二(香港教育大学) Koji Matsunobu, The Education University of Hongkong

Making instruments as creating authentic experience: Overcoming the constraints of tradition

楽器作りによる音楽経験の創造と伝統の克服

 

村尾忠廣(愛知教育大学名誉教授) Tadahiro Murao, Aichi University of Education

伝統を踏まえてルールを破るわらべ唄遊びの創作ー「竜宮伝説」と「あんたがたどこさ」の実践から

 

〈司会〉坪能由紀子(日本女子大学) Yukiko Tsubonou, Japan Women’s University

 

会費 一般=1.000円,  学生・院生=無料

申込・お問い合わせ tsubonou@fc.jwu.ac.jp(坪能由紀子)


2017年1月オープンゼミ

日時:2017年1月7日16時〜

場所:日本女子大学新泉山館5階坪能研究室

講師:Aleksandra Gajda さん(ポーランド)

テーマ:創造性のさまざまなあり方を考える

Different paths of creativity. Creativity in different age groups based on research results

参加ご希望の方はtsubonou@fc.jwu.ac.jpまでご連絡ください。

以下,Alexandraさんが概要を送ってくださっていますのでそれを掲載します。

Abstract

Creativity is not a one-dimensional phenomenon. On the contrary, its complexity often gives rise to a number of definitional difficulties. The lecture will present the results of research conducted in Creative Education Lab at Maria Grzegorzewska University, Warsaw, Poland. We will follow the objectives of the research, characterize our participants, find out what the results were and what they mean.

References
Gajda, A., The relationship between school achievement and creativity at different educational stages. Thinking Skills and Creativity, 19, 246-259, 2016.
Gajda, A., Karwowski, M, & Beghetto, R. A. Creativity and Academic Achievement: A Meta-Analysis. Journal of Educational Psychology , 2016 (in press)