Call for Papers and Workshop Plans

International Journal of Creativity in Music Education vol.6

Call for Papers and Workshop plans

The Institute of Creativity in Music Education is now accepting the papers concerning the topic below.

Special Issue:
Musical Creativity through Breaking the Rules and Traditions

Each paper will be reviewed by at least two referees, and an editorial decision is generally reached within 8 to 12 weeks of submission.
Papers should be around 5000 words.
An abstract of about 100 words summarizing the content of the paper should be added below the title and before the main text.
A biography of around 75 words giving the author’s name and affiliation should be submitted on a separate cover sheet.

▶ Papers not concerned  with the special issue are also being accepted by the journal. 

▶ Workshop plans about Creative Music Activity are also welcome.
They will not be reviewed by referees, but the decision for acceptance will be made by the editorial committee.

Submission of these papers  is taken to imply that they have not previously been published and have not been published elsewhere. Contributors are responsible for obtaining and acknowledging copyright permissions where necessary.

The deadline for submission is 30th November 2017.
The official language is English.
The papers should be written in APA style.
Submissions in MS word as well as PDF format should be sent to the Institute of Creative Music Activity for Children : tsubonou@fc.jwu.ac.jp

For further information, Please send E-mail to the address below.

tsubonou@fc.jwu.ac.jp

Yukiko Tsubonou
Editor, Prof. at Kaichi International University


ガレージ・ゼミ 2017年前半予定

ガレージ・ゼミは,2017年3月まで日本女子大学で行われていた坪能ゼミの続きです。
ほぼ毎月1度,坪能自宅のガレージを改造したガレージ・スタジオで行う予定です。
それぞれの催しについては,時期が近付いたらより詳しい説明を付記していきます。
参加ご希望の方は下記のアドレスまでご連絡ください。
tsubonou@fc.jwu.ac.jp(坪能由紀子)

6月3日(土)14時30分〜
風間美絵子先生と幼稚園での音楽活動を探る(HP下記にアップ済)
場所:ガレージ・スタジオ(渋谷区本町1-26-2)

 

6月9日(金)18時〜20時
Patricia Sehen Campbell(ワシントン大学)講演会
タイトル:What’s in a Song? Music and its Cultural Meaning(s)
場所:東京音楽大学(要申込-坪能まで,主催が東京音大なので)

 

6月24日(土)16時〜 石上先生と新学習指導要領を読む
場所:ガレージ・スタジオ(渋谷区本町1-26-2)

 

8月9〜10日 Institute of Creativity in Music Education研究会
場所:東京成徳大学(北区十条)
9日午後    :メンバーの発表
10日(全日):Fraser Trainer(作曲家,イギリス)の音楽づくりWS


2017年6月オープンゼミ

風間美絵子先生と幼稚園での音楽活動を探る

今まで坪能ゼミで行ってきた幼稚園での音楽活動について,幼稚園での活動に長い間さまざまな形で関わっていらっしゃった風間美絵子先生と一緒に動画の記録等を見ながら,その問題点等を議論し,これからのあり方を探っていければ、と思っています。それによって,主に研究者として関わってきたゼミのメンバーに新たな視点や新たな展望がもたらされることを祈っています(坪能)。

日時:2017年6月3日(土) 14時30分〜
場所:ICME ガレージスタジオ
お問い合わせ:tsubonou@fc.jwu.ac.jp(坪能由紀子)

風間美絵子先生略歴
昭和46年4月から平成23年3月までの40年間、東京都千代田区で初任、港区麻布幼稚園、品川区城南幼稚園等で、担任、主任、教頭、園長をつとめ、平塚幼稚園園長を最後に退職。
平成23年4月~品川区役所 保育課 保育教育係 就学前教育指導員
平成23年3月より、日本女子大学「幼稚園教員採用試験対策講座」講師
ライフワークの「子育て支援」をテーマに、品川区・大田区でワークショップや講演会を行っている。

 


Creativity Conference 3

 

Musical Creativity through Breaking Rules and Traditions

ルールと伝統を破ることによって生まれる音楽の創造性

主催:日本女子大学, Institute of Creativity in Music Education

 

3月19日(日) 14時〜  March 19, 14:00-

日本女子大学桜楓2号間3階会議室

Japan Women’s University, Oufu 2nd, Conference Room

 

《シンポジスト》

近藤 真子(オークランド大学) Shinko Kondo, Oakland University

Rule breaking and playfulness to channel creativity and expressive power

創造力と表現力のための”ルール破り”と”遊び心”

 

松信 浩二(香港教育大学) Koji Matsunobu, The Education University of Hongkong

Making instruments as creating authentic experience: Overcoming the constraints of tradition

楽器作りによる音楽経験の創造と伝統の克服

 

村尾忠廣(愛知教育大学名誉教授) Tadahiro Murao, Aichi University of Education

伝統を踏まえてルールを破るわらべ唄遊びの創作ー「竜宮伝説」と「あんたがたどこさ」の実践から

 

〈司会〉坪能由紀子(日本女子大学) Yukiko Tsubonou, Japan Women’s University

 

会費 一般=1.000円,  学生・院生=無料

申込・お問い合わせ tsubonou@fc.jwu.ac.jp(坪能由紀子)


2017年1月オープンゼミ

日時:2017年1月7日16時〜

場所:日本女子大学新泉山館5階坪能研究室

講師:Aleksandra Gajda さん(ポーランド)

テーマ:創造性のさまざまなあり方を考える

Different paths of creativity. Creativity in different age groups based on research results

参加ご希望の方はtsubonou@fc.jwu.ac.jpまでご連絡ください。

以下,Alexandraさんが概要を送ってくださっていますのでそれを掲載します。

Abstract

Creativity is not a one-dimensional phenomenon. On the contrary, its complexity often gives rise to a number of definitional difficulties. The lecture will present the results of research conducted in Creative Education Lab at Maria Grzegorzewska University, Warsaw, Poland. We will follow the objectives of the research, characterize our participants, find out what the results were and what they mean.

References
Gajda, A., The relationship between school achievement and creativity at different educational stages. Thinking Skills and Creativity, 19, 246-259, 2016.
Gajda, A., Karwowski, M, & Beghetto, R. A. Creativity and Academic Achievement: A Meta-Analysis. Journal of Educational Psychology , 2016 (in press)