次回ガレージ・ゼミ 村尾忠廣先生

日本のわらべ唄の音階理論
  ——小泉vs.柴田vs.東川理論の急所を押さえ,わらべ唄伴奏和声と和洋折衷旋律を創作する試み

講師:村尾忠廣先生
日時:2018年2月24日(土)16時

場所:ガレージ・スタジオ(渋谷区本町)
申込:tsubonou@fc.jwu.ac.jp

村尾先生からのメッセージ
「ずいずいずっころばし」は,いったいどういう音階でできているのでしょう。「ミファラシドミ」という陰音階で始まりますが,あきらかにミは主音,中心音ではなく,旋律の動き,終止音から言ってシば中心です。とすると,音階の中ほどに主音がきますから,変格シ旋法といことになります。しかし,途中,このシは陽音階の中心音を保守しながら陽音階へと転旋法いたします。洋楽の同主調のように,ファとドの音は#となるわけです。これは単純に陰から陽への転旋法のためというだけの意味にとどまりません。日本音楽の特質であるテトラコルド(完全四度)をつくとうとすると,陰音階のシーファが増4になりますから,転旋法というのではなくとも,ファは#にしなければなりません。転旋法が嫌であれば,ミまで下がってシーミのペンタコルドをつくります。「うさぎ,うさぎ」のようにファからはじまったり,ミから始まったり,さらにはファ#から始まったりすのは,そのためです。これらは,根本的な構造が違うわけではないのでは——柴田南雄が小泉理論に疑問を投げかけたきっかけです。今日の私の話のねらいは,日本音楽,とりわけ,わらべ唄の音階理論の急所を押さえ,それによって,様式と違和感のない伴奏和声,さらには明治以来の課題であった<和洋折衷>旋律を実際に創ることへと応用してみよう,ということにあります。ぜひ,楽しみにご参会ください。


次回ガレージ・ゼミ:近藤真子先生

音楽づくりのためのアクティブな鑑賞活動について

講師:近藤真子先生(オークランド大学)
日時:2017年12月16日(日)14時半〜
場所:ガレージ・スタジオ(渋谷区本町)
申込:tsubonou@fc.jwu.ac.jp

アメリカ在住の近藤真子先生が、ちょうど日本に帰国されるのでワークショップ&レクチャーをお願いしました。
夏の研究会でも紹介してくださったクロック・オーケストラをはじめ、真子先生がアメリカの子どもたちと実践しているアイディアを紹介していただきます。それをみんなで実践したりもしてみたいです。

 


ガレージ・ゼミにゲストとしてきていただいた米野みちよ先生から、
12月3日、フィリピンのデラペニャ先生によるワークショップのご案内がありました。参加ご希望の方はチラシ中の事前登録をご覧ください。

 


2017年11~12月 ガレージ・ゼミ 予定

ガレージ・ゼミは,2017年3月まで日本女子大学で行われていた坪能ゼミの続きです。
ほぼ毎月1度,坪能自宅のガレージを改造したガレージ・スタジオで行います。
それぞれの催しについては,時期が近付いたらより詳しい説明を付記していきます。
参加ご希望の方は下記のアドレスまでご連絡ください。
tsubonou@fc.jwu.ac.jp(坪能由紀子)

11月4日(土) 16時〜
ガレージ・スタジオ(渋谷区本町1−26−2)
米野みちよ先生:フィリピンの音楽と文化

トガトンをはじめ、簡単なフィリピンの楽器にもみんなでふれてみたいと思います。

米野先生プロフィール
東京大学東洋文化研究所准教授
東京芸術大学音楽学部楽理科卒業後
フィリピン大学修士課程(音楽学)、博士課程(フィリピン研究)終了

11月18日(土)16時〜
ガレージ・スタジオ
タイトル:学校と社会を結ぶ音楽の教育プロジェクト、そのフレームワークの構築
と展望

この会には、学校の先生、演奏家、音楽教育研究者などが集まり、チームを組んで実際に授業実践をする計画を立てます。できた案を何らかの形で発表するための方法もみんなで考えたいと思います。

12月16日(土)14時半〜
ガレージ・スタジオ
近藤真子先生の音楽づくり

アメリカのオークランドで子どもたちに音楽を教えている近藤先生の帰国に合わせ
て真子先生の音楽づくりをとことん語っていただきます。